鼻うがいで団子鼻が改善って本当?正しい鼻うがいのやり方を紹介

鼻炎や花粉症のときに、鼻をかむよりすっきりできる方法として知られている鼻うがいですが、その他の効果として、実は団子鼻や豚鼻の改善も期待できることが知られています。

その仕組みとしては、鼻うがいによって鼻腔に詰まった膿や水分が洗い流されることで、鼻筋がすっきりして見えるというものです。そこで、この記事では鼻うがいの正しいやり方と団子鼻改善効果について説明しています。

正しい鼻うがいの方法とは

鼻矯正だけでなく、鼻炎などのつらい症状を解消する鼻うがいですが、正しい方法で行わないと鼻や耳に問題を起こすことがあるので注意が必要です。

鼻うがいに使用するもの

鼻うがいが初めての人は、市販のノズルがついた鼻洗浄液がおすすめです。洗浄液を飲み込まないよう、正面を向いてノズルを鼻に入れ、洗浄液を鼻の奥に注ぎます。

このとき「エー」と声を出すと飲み込まずにうまく洗浄液が流れ込みます。そのまま口に流れ込んだ洗浄液を吐き出しますが、慣れないうちは鼻から出してもよいでしょう。

食塩水でもOK!

鼻洗浄液が無い場合は、0.9%の食塩水で代用できます。ぬるま湯で食塩水を作り、鼻に吸い込むことで鼻うがいができますが、きちんと濃度を調整した食塩水でないと、鼻の奥の粘膜が刺激されてつーんとした痛みを伴いますので注意が必要です。

コップなどで鼻に注ぐこともできますが、うまく吸い込めない場合は、大きな容器に食塩水を作り、これに片方の鼻を押さえて顔を近づけて、食塩水を吸い込むようにすると、うまく鼻うがいができるでしょう。

あまり強く吸い込みすぎたり、一気に吸い込むと耳や気管に入る恐れがありますので、徐々に自然に流れ込むように吸い込みます。洗浄液が鼻に残っていない状態で、最後に軽く鼻をかむと、よりすっきりします。

鼻うがいで団子鼻が治る?

正しい方法で鼻うがいをやれば、鼻やのどの奥に付着しているウイルスや細菌、ほこりや花粉などのアレルギー物質を洗い流すことができ、花粉症や鼻炎の症状改善や風邪の予防に効果的です。

このほかにも鼻の詰まりが取れるので、鼻呼吸がスムーズになることでいびきが解消されたり、詰まりで広がっていた鼻が小さく見えるといった人もいるようです。

ですから、もし団子鼻の原因が鼻の奥で詰まった膿や老廃物によるものが原因であれば、鼻うがいで団子鼻が改善されると考えられます。ですが、もともと鼻に異常が無い場合は、鼻の形の矯正効果は得にくいでしょう。

まとめ

花粉症や鼻炎の症状を軽くしてくれるほか、いびきや団子鼻の解消にも効果があると言われる鼻うがいですが、鼻や耳に悪影響を及ぼすので、正しい方法で行いましょう。

鼻の詰まりが原因で団子鼻になっている場合は、詰まりが取れて鼻筋が通る人もいるようですから、普段から詰まりが気になっているなら、試してみる価値があるのではないでしょうか。

このページの先頭へ